Skip to content

不動産賃貸会社によって仲介手数料が違う。

転勤を機会に、久しぶりに部屋探しのため不動産賃貸会社に行きました。知らない街で部屋を探すため、先ずは情報収集ということで数軒の不動産会社を回りました。街のことを知らないと、賃料相場、食料品や日用品を買う店はどこにあるのかを知らずに部屋を決めてしまいます。物件の契約を済ませた後に周りには店がない、賃料相場からいって高かったなんてことになりかねませんから。この教訓は、昔の経験から得ました。また不動産賃貸会社を数件回って気づいたのですが、仲介手数料が全額の店と半額の店があること、同じ物件を取り扱っていることです。仲介手数料は1月分ですから、5万円の物件なら、2万5000円ほど変わります。これは大きいですよね。私の会社からは、少ししか補助が出ないので、この数万円の違いは本当に大きいです。部屋探しをするなら、仲介手数料がいくらであるのかをチェックした方がいいと思います。

不動産の仲介手数料は結構かかる

不動産の仲介手数料は案外かかるものです。賃貸の場合なら、家賃の1ヶ月分は必要となってきます。ここがないと、物件を探す事が出来ないので、仕方ないぶんだとは思います。これで不動産やさんも成り立ってるので、そこは支払う必要はありますね。借りるほうとしては、安いに越した事はないですが、大体これくらいの値段になってるとは思います。公共のところを借りるのであれば発生しない金額です。でも選べる不動産の数が違ってきます。状態というのもいいものもあれば、そうでないものもあって、色々扱ってるのがいいところですね。そういう情報料金的なものも含まれているんだとは思います。これが、家賃の何か月分になるかが問題となってきます。なるべく少ない月数だとこちらの負担というのは少なくてすみますね。そういう所を探してみるのもいいとは思います。

不動産売る際は仲介手数料などを込で販売せよ

不動産を売るときは何百万円何千万円という超高額な金額がするので買う側からしてみれば慎重な見極めをしなければなりません。その見極めは土地や建物そのものとその周辺環境はもちろんですが、ここで盲点になるのは最終金額の存在です。その最終金額はもちろん支払う金額のことですが、これが現在のところほとんどの業者さんで買うとなるとクセモノになるのです。というのは不動産を買うとなると各種税金や業界のルールがややこしく介入しましてそれのために計算がややこしくなるのです。それをややこしくさせているのは1つは仲介手数料、もう1つは不動産取得税、そして消費税です。いずれにしても取り扱っている業者のほとんどは売値とは別枠でこれらを設定しています。そのため見た金額を想定して買えばそれにプラスして何十万円あるいは何百万円の追加となりまして心理的には大変損をした想いに駆られます。なのでこれからの時代で売るならばすべての業者に要求することですが、これらをすべて込にした数字で販売するべきであるということです。現在の景気が低迷している一因の1つは消費税が単に3パーセント上がっただけではないのです。内税から外税方式にしたのも大きな要因の1つになっているのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)