Skip to content

不動産の仲介手数料というものは

不動産を買う時には、仲介手数料を支払うことになることがあります。直接、本人から買うのであれば、そうしたものが発生しないこともありますが、仲介手数料というものは、実は上限が宅建業法で定められているのです。これはそれなりに知られているのですが、それが上限であり、原則ではないのです。つまりは、安くすることはできるのです。そのあたりのことをよく理解していないことがあります。あまで上限であり、それを超えない範囲内で、決めることができるわけです。しかしながら、一般的に不動産会社は、ほぼ上限でやっていることが多いです。もちろん、そうしたところでないところもありますから、そうしたところを探して見ることです。ちなみに手数料というものは、一般的には、契約時に仲介手数料を支払うことになりますが、一回ではないことが多いです。つまりは、契約締結をしたときに、50%、つまりは半分を支払い、そして、実際に引き渡しがされたときに残りを支払う、ということが殆どです。

不動産の仲介手数料は決まっているのか

今回は仲介手数料について説明しようと思います。この仲介手数料は法律で決まっているのでしょうか。不動産を購入する際、消費者は物件を扱う不動産仲介業者に対して、物件を仲介した報酬として仲介手数料を契約時に支払うことになっています。このとき、不動産仲介業者は「この手数料は法律で決まっています」という言い方をよくします。みなさんも聞いたことはありませんか。実際、何も知らない消費者は、「法律で決まっているなら仕方ないか」という風に、そのまま言われた金額を支払ってしまうことになりますし、疑わないのが普通ですよね。もちろん向こうはプロですので、安心してしまいます。また、この手数料の金額は、確かに「宅地建物取引業法」という法律で定められています。しかし、その金額は不動産仲介業者が「必ず受け取れる金額」というわけではなく、実は「受け取れる金額の上限」なのです。このような事実は実際、あまり知られていないのです。

不動産の仲介手数料とはどういうものか

今回は仲介手数料についてです。この手数料というのはなんなのでしょうか。あまりイメージもわきませんし、あまり知られていません。まずこの手数料とは、不動産仲介手数料のことなのです。不動産仲介会社の媒介などによって不動産の取引をしたときに、業者に支払う報酬のことなのです。別名で媒介報酬ともいいます。宅建業法では、成功報酬主義が取られています。なので、売却や物件探しの依頼をしたとしても取引が成立しなければ、その報酬を支払う必要はありません。また、この手数料の金額の上限は宅建業法で決められています。売買の場合は、取引金額×3%+6万円以内になります。また課税業者の場合は、これに別途消費税がかかるので注意してください。これらをきちんと把握してから、仲介手数料半額や無料などの宣伝広告を見るといいかと思います。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)