Skip to content

不動産で中古住宅を購入する際に仲介手数料は必要か

今回は、中古住宅を購入するときに仲介手数料は必要なのかということについて説明しようと思います。まず中古住宅を購入するときには、不動産会社に対して仲介手数料を支払うことになりますが。この際、その金額はなかなか大きいもので、住宅の購入の際に必要な費用の大半を占めることになります。なのでもちろん不動産会社に請求され、支払っていきます。では、この手数料は必須なのでしょうか。これは取引形態によって異なります。取引形態とは、「仲介」「代理」「直売」のいずれかになります。最初の仲介であれば、手数料が必要となります。直売であれば、この仲介手数料は必要ないです。また最近は、不動産会社の仲介であっても手数料を無料にするという不動産会社もありますが、その不動産会社は売主から手数料を取ることを前提としているので注意してください。

不動産の仲介手数料を支払わなくてもいいケース

今回は、仲介手数料を支払わなくてもいいケースについて説明していきます。不動産での売買において、この手数料を支払う必要がないことがあります。支払う必要があるかどうかは、物件の「取引様態」によります。不動産会社が「売主」の場合は、仲介手数料は発生しません。またこの取引様態には大きく以下の3種類があります。まずは、売主です。これは、不動産が自ら所有している土地や建物の売却にあたるので、手数料は発生しません。次に代理です。これは売主の代理人であることを意味します。なので、手数料が必要です。しかし、不要な場合もあります。次に、仲介です。これは売主と買主の間に立って取引を行うため、手数料が発生します。最近では仲介手数料が無料の業者も増えているようなのですが、怪しい場合もあります。手数料を節約したいと考えているのであれば「売主物件」を選ぶことをおすすめしたいです。

不動産の仲介手数料について

引っ越し等で不動産を探している時、仲介手数料と記載されているのを見かけますが、どのような費用かはご存じですか?主に貸主と借主の間に入って仲介を行う業者に対して払われるお金です。貸主が貸したい物件を仲介業者に提供し、借りたい人が店舗やインターネットなどで物件を紹介してもらいそのお礼金といったところでしょう。その金額は平均ですが、家賃の1か月分が多く、多いところでは家賃の3~5か月分といったところもあります。キャンペーンなどで仲介手数料が無料で契約できる時もあり、借りるときは注意してみておくといいでしょう。敷金は解約の時に返金されたり、修繕費などにあてられ、差額を計算して返金・請求されることがありますが、仲介手数料は戻ってきません。貸主と借主の間に入り契約を円滑に行うために、書類の作成や注意点などを細かく説明をし、後々のトラブルにならないように業務を行うため、仲介業者が入っている方が安心して入居できます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)